外国為替証拠金取引について知ろう

「外国為替証拠金取引」とはなんでしょうか。日本ではこの言い方は、あまりピンとこないかもしれません。日本でよく言われるのは「FX」です。FXは、Foreign Exchange の略です。FXは、は差金決済取引 (CFD) の一種です。どのような取引なのかをご紹介しましょう。

外国為替証拠金取引は、日本円を米ドルやオーストラリアドル、ブラジルレアルなど、様々な外国通貨に交換したり、また日本円に戻したりする取引です。外国通貨と日本円を交換することで何が起こるのかというと、為替レートの変動により、もともとの日本円の値段が変わることがあります。たとえば、1ドル=100円のときに1万円をドルに両替すれば、100ドルですね。この100ドルを、1ドル=110円のときに日本円に戻せば11000円となっていて、1000円増えたことになります。FXというのはこのように為替レートの変動を利用して両替を頻繁に行うことで、為替差損を積み重ねて利益を得る投資方法です。

これだけ聞くと、外貨預金と何ら変わりがないように思われるかもしれません。ですが、外貨預金よりも短期的に利益を生みだすことが可能ですので、新興国通貨などを年単位で保有するのは不安だという場合でも、FXならできるということになります。また、外貨預金よりもFXの方が手数料が低いのも特徴です。手数料が低いからこそ売買を繰り返すことで利益を追求できます。さらに、FXにはレバレッジという仕組みがあり、倍率をかけた取引をすることも可能です。少ない額でも倍率を高く設定して取引すれば、大きな利益を期待することも可能です。(ただし、その場合は損失が出たときも同様の倍率がかかりますから注意が必要です。)

このように、FXには様々な利点がありますので、何か投資をしてみたいなという方がまずFXをしてみるということも多いようです。FXについてもっと知りたい方は、おすすめのブログがあります。外国為替に関するブログはこちら(外国為替に関するブログ)をご覧ください。こちらを参考にしながら、FXに挑戦してみてくださいね。


No Responses to “外国為替証拠金取引について知ろう”




By submitting a comment here you grant なんちゃって外国為替 a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.