FXの通貨ペアと注意点。

FXを始める際に最初に悩むのが、「通貨ペア」ではないでしょうか。
通貨ペアとは、二国間の通貨の組み合わせのことで、FXではその売買による差益を狙っていく投資手法になります。

日本のFX取扱会社では、だいたい15通貨程度がラインアップしています。
とある業者では、
・米ドル
・ユーロ
・豪ドル
・英ポンド
・ニュージーランドドル
・カナダドル
・スイスフラン
・香港ドル
・南アフリカランド
・ノルウェークローネ
・スウェーデンクローナ
・トルコリラ
・人民元
・メキシコペソ
となっていました。

初心者の方は、米ドルもしくはユーロがおすすめでしょう。
その理由としては、
・最も取引をしている方が多い
・最も情報量が多い
ということが挙げられます。

アメリカやEUの経済ニュースは新聞やインターネットニュースで連日報道されており、情報をたやすく得ることが可能です。
これらのニュースは確実に為替チャートにも影響を与えるものですので、どれだけリアルタイムで情報収取ができるかということも投資をするうえで重要なファクターになります。

また、取引量の多さについても注文分布図が確認でき、相場の流れの予測のしやすさにつながるでしょう。

ただし、FXにもリスクはつきものです。
具体的には為替リスクや変動リスクが挙げられますが、これらのリスクを軽減する方法としては、「分散投資男」がおすすめ。
複数の通貨に資金を分散して投資を行えば、大きなリスクを負う可能性がぐっと低くなります。

とはいえ、一点注意したいことは、「値動きが同じような通貨に分散投資をしてはいけない」ということ。
たとえば豪ドルとニュージーランドドルは米ドルの影響を大きく受ける通貨なので、基本的に値動きが似ています。
両者に分散投資をすると両方下落し、損失が増える可能性が高くなるので注意しましょう。
分散投資としては米ドルとユーロといった、逆の値動きをする通貨がおすすめです。
他の通貨の値動きについても調べてから投資をしてみてください。


No Responses to “FXの通貨ペアと注意点。”




By submitting a comment here you grant なんちゃって外国為替 a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.