物価と為替レートの関係性。

為替レートと物価の関係についてご説明しましょう。

日本円と米ドルを例に挙げてみます。
日本とアメリカで全く同じ商品を購入できる場合。
1ドル=100円のときは、日本では100円で1個購入ができ、アメリカでは1ドルで1個購入することが可能です。
その後日本の物価が上昇し、1ドル=110円になったとしましょう。
そうなるとアメリカでは変わらず1ドルで1個購入することができますが、日本では110円を出さなければ買えなくなりました。

つまり、日本の物価の上昇により、1ドルが100円だったのが、1ドルが110円という高い価値になったことが分かります。
米ドルの価値が上がり、日本円の価値が下がったということで、為替は”円安ドル高”になった、ということです。
確かに100円で購入できたものが110円を出さなければ買えなくなったのですから、そう考えると非常にシンプルですよね。

このように、日本の物価が上昇することで円安ドル高に、反対に物価が下落すると円高ドル安になります。
物価と為替レートにおいては、相対的に物価上昇率が高い国ほど通貨安になりやすい傾向です。
物価上昇率が低い国は通貨安になりやすいことも分かっています。

以上をまとめると、「物価の上昇は通貨の価値を下げる」ということです。

この関係性を裏付けるのが、
・購買力平価説(為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決定されるという説)
・一物一価の法則(自由な市場経済において、同一の市場の同一時点における同一の商品は同一の価格であるという経験則)
などが挙げられます。
いずれも経済学の概念となり専門性が高いので詳しい内容を把握しておく必要はありませんが、物価と為替レートの相関性の根拠となる理論ということを覚えておいてください。
ご興味がある方は、マクドナルドの「ビッグマック」を用いた”ビッグマック指数”というものもあり、非常に面白いのでご覧になってみるのもよいでしょう。
各国の経済力をはかるために、マクドナルドで販売されているビッグマック一個の価格を比較した指数です。

ちなみに、FXの場合では物価と為替レートの関係性を知っていることで勝率が上がるという専門家もいらっしゃいます。


No Responses to “物価と為替レートの関係性。”




By submitting a comment here you grant なんちゃって外国為替 a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.